1. トップ
  2. コラム一覧
  3. コラム
  4. 家具職人に聞く〜職人に向いてる人とは〜

家具職人に聞く〜職人に向いてる人とは〜

コラム

2021/09/28

福岡県に属する大川市。大川といえば「大川家具」を連想する人も多いだろう。
昔ながらの桐箪笥や現代風へと昇華された家具など、私たちの生活のあらゆる所に大川家具は存在している。


DIYが流行り自分たちで自分が使う家具を作ることも多くなった世の中だが、やはり一流の職人が作る最高の家具は手触りや質感その全てにおいて一線を画している。
大川の家具職人たちも脈々と受け継がれてきた本物の技術を駆使して、日々家具作りに専念している。


先日、大川の「桐里工房」にお伺いした。この工房は、大川の中でも作れるところが無くなってしまった「大川総桐箪笥」を全国で唯一作っている工房だ。そんな伝統と歴史のある「桐里工房」に、家具職人についての素朴な疑問を尋ねてみた。




DIYが流行り自分自身で家具を作る人が増えてきているが、それを仕事とするにはまた違った大変さがあると思われる。何年何十年と家具を作り続けていく「家具職人」には、どういった人が向いているだろうか。


「木をただの木として見るのではなく、幹の柄がどうかとか枝分かれが美しいかとか、美術的に見れる人が向いているかもしれないです。」


そう仰るは「桐里工房」代表の稗田正弘氏。曰く、木はただの木ではなくそれぞれに個性があるらしい。確かに、よく見ると同じ木はひとつとして無いことに気づく。それは山で育っている木も、家具の材料として伐採された木も同じだ。


「桐里工房」の作る家具は、便利さの中に芸術性をも感じることができる。そういった一流の家具を作るには芸術的なセンスも必要なのかもしれない。


だが、自分のことを芸術的センスの高い人間だと自負できる人もそう多くはないだろう。そういった人は家具職人に向いてない、というわけでもない。


やはり最終的に必要になるのは「やる気と根性」だ。職人の技術を習得するには想像以上に時間がかかる。下積み時代が長い世界だからこそ、貪欲に技術を習得するやる気と途中でめげない根性が必要になってくるのだ。
芸術的センスはなかなか磨けるものでもないが、やる気と根性は気持ちの持ち様でどうにかなりそうだ。そう考えると、案外「家具職人」という道も目指しやすいのかもしれない。



取材:久恒裕司、ライター:N.H

この記事の関連記事

用の美を高める人に聞く~小石原焼の未来~

その名が世界に知れ渡り、日本を代表する焼物の一つとなった「小…

その名が世界に知れ渡り、日本を代表する焼物の一つとなった「小…

茶器と美を作る人に聞く〜窯のある場所〜

九州には様々な焼物が存在している。佐賀の有田焼や長崎の波佐見…

九州には様々な焼物が存在している。佐賀の有田焼や長崎の波佐見…

緋い炉に立つ人に聞く〜ガラス職人の現状〜

はるか昔、幕末の時代に佐賀で生まれた「肥前びーどろ」。そこか…

はるか昔、幕末の時代に佐賀で生まれた「肥前びーどろ」。そこか…

家具職人に聞く〜職人に向いてる人とは〜

福岡県に属する大川市。大川といえば「大川家具」を連想する人も…

福岡県に属する大川市。大川といえば「大川家具」を連想する人も…

木を切る人に聞く~林業への素朴な疑問~

福岡の八女といえば八女茶が全国的に有名だ。実際に八女に足を運…

福岡の八女といえば八女茶が全国的に有名だ。実際に八女に足を運…

緑豊かな佐賀県で思うままに暮らす[地域支援]

豊かな田園風景の広がる「佐賀県」 玄界灘と有明海に面し、た…

豊かな田園風景の広がる「佐賀県」 玄界灘と有明海に面し、た…

九州の玄関口「福岡」に移住。[地域支援]

九州の玄関口、アジアの玄関口、などと呼ばれることのある「福岡…

九州の玄関口、アジアの玄関口、などと呼ばれることのある「福岡…

地方移住を身近に考えられる支援制度

日々、様々なメディアで発信されている「地方創生」。 こちら…

日々、様々なメディアで発信されている「地方創生」。 こちら…