1. トップ
  2. コラム一覧
  3. お役立ちNEWS
  4. おおいたで働こう『漁業編』

おおいたで働こう『漁業編』

お役立ちNEWS

2021/12/08

大分市では漁業研修を受けた方に対して支援を行っています。
大分市での漁業就業には、独立経営型と親元就業型の2種類があります。
独立経営型:地元漁師さんから漁業を習い、漁師になる
親元就業型:3親等以内の親族に漁業を習い、漁師になる
いずれの漁業就業を希望するか事前に検討しましょう。
※大分市の補助を受けるには、国または県が実施する研修制度を活用する必要があります。



研修制度は独立経営型と親元就業型で以下のように研修制度が異なります。
1.新規漁業就業者総合支援事業(国事業) 【独立経営型】
県漁協の面接等で合格した漁業就業希望者に対し、漁業に関する知識や技術の習得等に関する研修を実施。研修期間中、指導漁業者と研修生の間で雇用契約を締結していただきます。指導漁業者に対しては指導謝礼金が給付されます。
【指導謝礼金】
独立型:開始~6カ月 18.8万円/月、7カ月~12カ月 28.2万円/月
※毎月、指導者から研修生に対して、指導謝礼金の半額程度支給
【注意事項】
3親等以内の親族の下での研修は対象外

2.大分県青年就業準備給付金事業(県事業)【親元就業型】
給付要件を満たす漁業就業希望者に対し、漁業に関する知識や技術の習得等に関する研修を実施。研修を修了した者に対して給付する。
【給付金】
給付金額75万円(市も同額支給を検討中)
【給付要件】
就業予定時の年齢が50歳未満である
生活確保を目的とした国等の他の事業による給付を受けていない
これまで組合員として漁業に就業したことがない など
【注意事項】
研修修了後1年以内に漁業に就業しなかった場合、給付金は支給しません。


漁師になるまでの流れ
1・面接を受けてマッチング
2・研修開始
3・研修6カ月経過後~ 大分市支援申請可能
4・研修終了
5・独立



研修内容や支援制度について詳しく知りたい方はコチラ


大分市農林水産部林業水産課 
電話番号:(097)585-6028
ファクス:(097)533-5123


HP:https://www.city.oita.oita.jp/o160/gyogyousinnkisyuugyou.html

この記事の関連記事