【体験情報】 博多の民芸品【博多張子】の絵付け体験を実施中のメイン写真 【体験情報】 博多の民芸品【博多張子】の絵付け体験を実施中

所在地:
福岡県福岡市博多区冷泉町6−10
最寄駅:
祇園駅から170m(徒歩 3分)

応援フラグ

0件

  • 業種

    自然・伝統・工芸品・特産品

博多の民芸品を知る

【体験情報】 博多の民芸品【博多張子】の絵付け体験を実施中のメイン写真
【体験情報】 博多の民芸品【博多張子】の絵付け体験を実施中のメイン写真
【体験情報】 博多の民芸品【博多張子】の絵付け体験を実施中のサブ写真1

博多の民芸品を知る

福笹(笹に張子の鯛などをつけたもの)の飾り物として親しまれている博多張子。

博多には、「博多にわか」というお笑いの芸能があり、にわかを演ずる人は必ず「ボテカヅラ」というかつらと「にわか面」という半面をつけます。
地域伝統と深い関わりを持つ博多張子は、博多の人々にとって親しみのある伝統工芸品です。

「博多町家」ふるさと館では、そんな伝統工芸である博多張子の実演見学・絵付け体験が可能。
完成されたものは見る機会も多いですが、その制作工程を見る機会はなかなかありません。

伝統工芸の技術を見て、体験することで新たな担い手となれる機会に巡り会えるかもしれません。

博多張子の歴史

正月上旬、十日恵比須神社で開かれる「十日恵比須」というお祭りは博多商人たちが、「今年も商売繁盛しますように」との願いをかけるものですが、縁起物である「福笹」を多くの人が買い求めます。

博多張子はその福笹(笹に張子の鯛などをつけたもの)の飾り物として親しまれています。

実演・絵付け体験情報

「博多町家」ふるさと館では日替わりで伝統工芸の実演・絵付け体験を開催中。
博多張子は毎週火曜日に開催しています。

※絵付け体験をご希望の団体のお客様、または、
曜日、時間を指定のお客様は、別途料金、事前予約が必要です。「博多町家」ふるさと館までご相談ください。

◆受付時間および作業終了時間
受付時間  午前の部 10:00~10:30/午後の部 14:00~14:30
作業終了時間  午前の部 11:30まで/午後の部 15:30まで

◆人数
各時間帯先着5名様
※人数に達しましたら、締め切らせていただきます。

◆料金
材料費 1500円
別途、展示棟入館料(一般200円)が必要です。

◆絵付け体験のながれ
みやげ処にて、絵付け体験の材料を購入

展示棟2階(有料施設)にて、工芸士のもと、絵付け体験

乾いたら、お持ち帰りいただけます


詳細確認、お問合せはこちらをご覧ください。
「博多町家」ふるさと館HP http://www.hakatamachiya.com/event/performance/

地図アクセス